Googleマイビジネスの重複解除方法(削除せずに残す方法)

Googleマイビジネスの重複を解消 Web

ある日突然、重複しているというメールが届く

Googleマイビジネスを管理している方に、ある日突然、以下のようなメールが届くことがあります。

【ビジネス名称】様のビジネス プロフィールが重複しています

お使いのプロフィールが重複と判定されました

(所在地: 【住所】) の Google ビジネス プロフィールが重複していると判定されました。Google マイビジネスでオーナー確認が済んでいるビジネスを追加した場合、そのビジネスは Google マップや Google 検索に表示されず、ビジネスが重複していることがアカウントに通知されます。
混乱を避けるとともに、Google に正しいビジネス プロフィールを表示するため、Google マイビジネス アカウントで重複したビジネス プロフィールを削除しましょう。オーナー確認済みのプロフィールへのアクセス権を取得したい場合は、オーナー権限をリクエストすることができます。

詳しくは Google マイビジネス ヘルプをご覧ください。

Googleマイビジネスから届いたメール

なぜ、このようなメールが届くのか

Google マイビジネスのガイドライン上、同一住所に複数の同一事業のビジネス情報は登録できないものとなっており、同じビジネス情報として認識された場合、自動で統合される仕組みとなっています。

元々は、Googleマップ上の店舗のビジネス情報は、Googleがネット上から店舗名、住所、電話番号、営業時間などの情報を収集しているものです。なので、中には元々重複したビジネスが存在していることがあり、ビジネスオーナーにそのことをメールで知らせ、重複したビジネスを確認して削除してもらうことが目的と考えられます。

同一住所で複数ビジネスが存在するケースはある

もちろん、重複している不要なビジネス情報は、ユーザーのためにも削除するべきです。ただ、一方で同一住所であっても複数のビジネスが存在しているケースもあります。

同じ名称でビジネスをしている場合

これらのビジネスについて、同一住所で同じ名称で看板を上げていれば、重複とみなされてしまうことは仕方なく、重複削除に応じるしかありません。

例えば、同じ建物内に複数の業種の異なる店舗が入っていることや、同一住所に業種の異なるビジネスの建物が複数存在していることがあります。複合商業施設、クリーニング店とコインランドリー、新車を販売する自動車ディーラーと中古車展示場、スポーツクラブで大人向けと子供向けが別施設になっているものなどが当てはまります。

異なる名称でビジネスをしている場合

ただし、同一住所でも、それぞれ異なるビジネスの名称、それぞれ異なる固定された看板、それぞれのビジネスで異なる入り口があれば、重複したビジネスを解消できます。

重複を解消して別々のビジネスとして登録したほうが良いケース

例えば、上述の例から、同一住所にあるクリーニング店とコインランドリーは同じオーナーであるケースの場合でも、営業時間が異なっていたり、提供しているサービスが異なり(決済方法、商品サービス単価など)ユーザーにとっては情報が混在すると分かりにくいです。

そもそも商品やサービスなどが違ったり、ターゲットが違う

スポーツジムも同様に、大人向けと子供向けでは提供しているサービスが異なります。

自動車ディーラーも、新車販売と中古車販売で別々のビジネス名称にしている場合は、メインのビジネスカテゴリが明確になることでユーザーにとってわかりやすいですし、フェアやイベントの告知をGoogleマイビジネスを利用して別々に投稿することができます。

ビジネスの重複を解消して、それぞれのビジネスを独立させるには

いったんGoogleから「ビジネス プロフィールが重複しています」というメールが来ると、管理画面上でのステータスが「重複」と赤く表示されます。

こうなると、重複とみなされたビジネスは、Googleマップ上にビジネス情報が表示されなくなります。

GMBの管理画面では対処できない?!

Googleマイビジネスの管理画面を探しても重複を解消する手立てが見つからないため、「ビジネス プロフィールが重複しています」というメールの最下部にあるリンク「詳しくは Google マイビジネス ヘルプをご覧ください。」をクリックします。

重複解消までの手順

クリックすると、「ビジネス プロフィールのオーナー権限をリクエストする」というタイトルのページが開きます。ただし、このページでは解決できないため、このページの最下部右側にある「お問い合わせ」からお問い合わせをします。

Googleアカウントでログインした状態で、「1.はじめに」で、「どのビジネスについてのサポートが必要ですか?」のプルダウンで、重複となっているビジネスを選択します。

その下に「お困りの内容をお聞かせください。」のテキストボックスには、「重複を解消したい」といった内容を入力します。

すると、「次のステップ」ボタンがアクティブになるので、それをクリックすると選択肢がいくつか表示されます。その中の「ビジネス情報の重複」を選択します。ただ、この後、おすすめ記事が表示されますが、ここでは解決しないため、「次のステップ」をクリックします。

そうすると、「3お問い合わせ方法」で「通話」と「メール」のボタンが表示されます。※通話ボタンがアクティブになったことを見たことがありません。ここでは、メールを選択します。

メールでお問い合わせする場合は、必要情報を全て入力しますが、ここでのポイントは、「常設看板がはっきりと写っている店舗の画像」をアップすることです。この写真の条件は、次のとおりです。

重複解消するための重要ポイント

  • それぞれ異なる固定された看板
  • それぞれのビジネスで異なる入り口

これら条件を満たした写真を送り、適切に問題の説明を記述しておくことです。

これらの情報を送信した後は、Googleマイビジネスの担当の方から何らかの連絡がきます。