SwitchBotロボット掃除機を即決予約注文した理由とは

我が家のスマートホーム化は、更に加速するでしょう。

スイッチボット社が2022年7月20日にロボット掃除機を発売するとの情報をキャッチし、スペックを確認すること数十分、即決でAmazonから注文することにしました。

現在のところ、我が家のお掃除家電ラインナップは、ルンバ1台(2F専用)、ブラーバ1台(1F2F共用)、ダイソン1台(部分的、ラグ・カーペット用)ですが、今回注文予約した「SwitchBotロボット掃除機S1 Plus」が加わることで、本当に楽になること間違いなしです。

ではなぜ、このロボット掃除機を即購入することになったか、その理由を述べていこうと思います。

即決の理由

自動ゴミ収集ベース付きで55,840円(税込)で買える!

せっかくロボット掃除機を買うなら、自動ゴミ収集機があった方が断然便利と思っていましたが、ルンバは10万円近くするので諦めていました。

SwitchBotロボット掃除機のS1 Plusは4Lの⾃動ゴミ収集ベースが付属しており、70日間自動ゴミ収集できて、69,800円(税込)ですが、2022年6月22日まで予約販売クーポンを配布しており、SwitchBot公式LINEを友達追加で20%OFF、さらに、3,480円相当の消耗品セットをプレゼントということが、後押しとなりました。

かなりお安く買えて、満足です。

アレクサとSwitchBotの連携に期待 「アレクサ いってきます」で掃除開始

もともと我が家はアレクサとSwitchBotによってスマートホーム化しています。

SwitchBotはあのスマート家電好きの松丸亮吾さんも活用しており、TV番組を参考にしながら我が家にも導入していっています。

今、想定している使い方は、出かける前に、「アレクサ いってきます」というと、テレビと電気を消してロボット掃除機が掃除を開始するというスキルを登録しようと思っています。

これまで、アレクサにルンバのスキルを登録しても上手く作動しなかったことによるストレスがありましたが、今回はスマートに動くことを期待しています。

ゴムブラシ+毛ブラシ一体型で、破損の心配軽減

これまでルンバで苦い経験がありました。

それは、ラグの掃除です。

ルンバを購入して間もなく、メインブラシ(緑色の2本のラバーブラシ)にひどい亀裂が発生しました。その原因は、ウールでできたラグの毛を巻き込んだことによるものでした。

買ってすぐだったのでかなり辛かったですが、ルンバのサポートセンターに相談したところ、保証対応していただけたので良かったですが、それ以降はラグのある1Fでは使用できないと判断し、2Fのみでの使用としました。

SwitchBotのロボット掃除機のブラシは、毛ブラシなのでウールのラグで使用しても問題ないと判断しました。

吸引と水拭きの2in1

上記のように、ウール製のラグにルンバが使えないので、1Fの掃除はダイソン(手動)とブラーバ(自動拭き掃除)を利用していましたが、これからはSwitchBotロボット掃除機で吸引も水拭きも1度にしてくれるので、かなり楽になりそうです。

新しいルンバとブラーバは、先にルンバが吸引掃除して、終わったらブラーバが拭き掃除をするという自動連係があるらしいですが、さすがに2台とも新しいのを買うのは無理なので、やっぱりSwitchBotロボット掃除機で吸引と水拭き掃除が両方できるのはかなり魅力的です。

1年保証+1年延長合計2年間無料修理・交換サービス

ネット購入する家電で心配なのが保証サービスですが、この製品は2年間の保証が付いています。

日本国内の専門修理受付センターによるサポート体制やメール・チャット・電話など毎日12時間サポートもあります。

SwitchBot公式ページのよくある質問に、「アフターサービスセンターの連絡先を教えてください」を見ると、メールアドレスと電話番号が記載されていました。

私見ではありますが、ネット販売を主としている家電は口コミなどの評判が重要なので、手厚いサポートがあると思っています。無料修理とありますが、物理的に故障や不具合の原因特定をして、修理をするよりも代替品を送る方が、コスト的も対応速度も顧客満足度も高いと思うので、そうするのではないかと思っています。

モップがけ禁止ゾーンの設定

レーザーセンサー搭載で、経路の計画や立ち入り禁止エリア設定ができます。従来のようなランダム走行ではなく、効率的に回ってくれるようです。

また、高精度マッピング機能で部屋の地図を作成し、掃除計画を立ててくれます。

我が家の1Fのウール製ラグが敷いてあるところは、「モップがけ禁止ゾーン」に設定することで、ラグは吸引のみ、という使い方ができるのがとても嬉しいです。

その他、買いたいと思ったポイント

S1 Plusはフル充電で3~5LDK、最大250分間連続稼働可能という大容量バッテリー。

カスタマイズ清掃計画で、各部屋の清掃モード、回数、順番などをライフスタイルに合わせて、細かくカスタマイズできます。

SwitchBotアプリを使えばスケジュール予約もできます。

購入方法について

以下に、AmazonのSwitchBot公式ショップから購入できるリンクとSwitchBot公式ページ(クーポンが取得できるキャンペーンページ)をはっておきます。

Amazonで【Works with Alexa認定】SwitchBot ロボット掃除機 自動ゴミ収集 水拭き – レーザー搭載 2700pa強力吸引 遠隔操作 静音設計 自動充電 落下防止 2.4GWi-Fi対応 Alexa Google Home IFTTT Siri LINE Clovaに対応 S1 Plusをみる
SwitchBot ロボット掃除機 お掃除ロボット 水拭き
レザーセンサー、高精度マッピング機能を搭載し、吸引と水拭きの2-in-1、ワンステップで徹底的に掃除できるSwitchBotロボット掃除機。

手順として、まず、Switch公式ページからLINE友だち追加しました。その後、SwitchBotのLINEのメニュー左下の20%OFFクーポンを押すとトーク画面にクーポンが表示されます。ここで注意が必要なのですが、ボタンを押すとメッセージがずらりと出るので「あれ、クーポンはどこだろう?」となりました。トーク画面を少しさかのぼると、そこにクーポンを発行する画像がありますので、そこを押すとクーポンコードが表示されます。そのコードをAmazonで購入するときに使用します。

2022年7月にロボット掃除機が来たらレビューします

私の様に直感で即買いする人も少ないかもしれませんね。でも20%OFFは魅力的だったので、、、。

もし、購入を慎重に考えていて、口コミやレビューなど他の人のリアルな使用感を見て比較しながら安心して購入検討されたい場合、このブログでレビューしますので7月下旬に見に来てくださいね。

7月18日にロボット掃除機が届きました

以下のブログで紹介しています。是非参考にしてください。