生活

逆に開閉する傘は、車に乗るときに車内が濡れない!

投稿日:2017年1月8日 更新日:

逆に開く傘

雨が降っていて車に乗り込むとき、傘を閉じて車内に水滴がほちょぽちょ落ちて、嫌な思いをしたことはありませんか?

先日、新車が納車されました。
これからはこまめに洗車や車内清掃をして、キレイに保とうと思い、(最初だけかな?)色々考えていると、ふと、雨の日に濡れた傘を車内に入れるのは、抵抗があるなと思いました。

きちんとたたんでも、外側が濡れているので、傘先から水滴が垂れてシートやコンソールボックス辺りがびしょびしょになります。

そこで、色々調べたら、画期的な傘を発見しました。

それは、逆転の発想で、普通の傘とは逆に開いたり閉じたりするのです。

濡れた傘の表面は内側に包み込まれるため外側は乾いたままなのです。

傘をたたんだ写真

これはすごい商品だ!と思い、ネットショッピングで探して、気に入ったデザインがあったので早速購入しました。

しばらくして、例の傘が届き、早く雨が降らないかとまちました。

そして、雨の日。

なんということでしょう!

傘をたたんでも水滴が落ちないではありませんか。

また、お店に入るとき使い捨てビニールの傘袋が設置されてないところでも、傘をたたんでからそのまま持ち歩けるので盗難の心配もありません。

また、電車に乗るときも周りに迷惑をかけにくくなります。

更に嬉しいのが、内側の骨が覆われているので、髪の毛が引っ掛かったりしないことや、押しボタンも大きいので女性に優しい作りになっています。
傘の内側

傘を開くボタン

私はこのデザインが好きですが、他の種類も色々あるようです。

-生活
-